マズルコントロール

posted by 犬のしつけ at 15:40 | 犬の躾け

森田流犬のしつけ方12月22日販売終了!

一万本を突破した空前の大ヒットとなった犬のしつけマニュアル「あなたの愛犬が見違えるほどいい子になる森田流犬のしつけ方法」が12月22日18時で販売終了となるお知らせが販売者であるCatch the Web様より連絡が入りました。

突然のご連絡で誠に恐縮ではありますが、このたび、「あなたの愛犬が見違えるほどいい子になる森田流犬のしつけ方法」を、2008年12月22日18時をもちまして、すべての販売を終了することとなりました。

弊社とノウハウ提供者である森田さんとの契約が終了することとなり、販売終了の運びとなった次第です。

また、なかなか販売終了の時期が定まらず、突然のご連絡となってしまったことも、深くお詫び申し上げます。

本当に申し訳ございません。

そして、いままで本当にありがとうございました。

               2008/12/17 Catch the Web


posted by 犬のしつけ at 21:49 | 犬の躾け

犬のしつけ方

犬に元来備わっている本能である「服従性」を理解し、しつけることで驚くような成果が生まれます。


犬のよくある問題行動として、

◆やたらと人や動くモノに吠える
◆甘噛みなどの噛み癖がある
◆散歩のときに引っ張られる

などがあげられますが、あなたはいままでこれらの問題を改善するためにどのような躾けを行ってきたでしょうか?

◆お手
◆待て
◆伏せ

など、どのようにして教え込んできたでしょうか?


アメとムチ戦略で躾けてきたのでは?


多くの犬のしつけ関連書籍でも書かれており、一般的に多いしつけ方法ですが、実はこの方法は誤ったしつけ法なのです。


確かに、「お手」や「待て」などできたときに褒美にエサをあげる。

ある意味、この方法でも犬をしつけることはできます。

しかし、これは犬があなたの言うことを理解しているというよりも、エサをもらうための「狩猟的行動」からきています。


全12回にわたる遠藤式の犬のしつけメール講座を無料で受講することができます。このメールを受講することで、今までのしつけの問題点や違いが分かるようになりますので、ぜひ受講してみてください。

遠藤式犬のしつけ → 無料メール講座

あなたの犬のしつけに対する常識が、ガラっと変わるであろう講座です。

私は、犬のしつけをするドッグトレーナーというお仕事をさせていただいています。犬のしつけのプロとして自信をもって仕事をしています。

【犬しつけ】遠藤和博流犬のしつけ法

「しつけ本をいくらやってもいい犬にならない」

また、警察犬訓練所や他のトレーニングセンターで犬のしつけを行ってるプロの訓練士が、「お客さんから預かっている犬が、どうしようもない犬に育ってしまったのでどうにかならないか。」といって、相談にくることもよくあります。



プロの訓練士が行っているしつけ方法でも、犬をしつけることはできないということです。



今、日本の多くの方がやっているしつけ方法は、



「おもちゃをあげるから、お座りをしてね」

「おやつをあげるから、こっちにきてね」



といったものです。



しかしその方法では、犬をしつけるどころか、

余計に手におえない犬を育ててしまっているのです。



「犬といろいろなところに一緒に出かけるのが夢だったのに・・・」

「毎日犬と仲良く、さわやかにお散歩するはずだったのに・・」



犬は、あなたの癒しになってくれるはずだったのに

あなたのよきパートナーになってくれるはずだったのに、

しつけをがんばってもうまくいかないのは、その方法が間違っているからです。



おやつやオモチャを使ったしつけはどうしていけないの?



それは、犬の本能に関係しています。



あなたが今やっているしつけが、ボールや食べ物を使うしつけ方法だとしたら、

犬が従っている理由は、



「ボールやおもちゃがほしいから座った」

ということです。



犬はおやつがほしくて、ボールがほしくて、従っているだけなんです。



だから、おやつやおもちゃがあるときは言うことを聞くけれど、

それらがない時はまったく言うことをきかなくなってしまいます。



犬の行動心理学の視点から、話をすると

犬の本来もっている、獲物を追いかけるという

ですから、実は今までのしつけ方法では、しつけをする前よりも、

しつけをした時のほうが余計に

手に負えない犬になってしまっているんです。



野生の本能が強くなると、野生の特性である、人や犬に対して吠えたり、動くものに対して向かっていこうとする行動(狩猟本能)が日に日にひどくなります。



犬が人間社会で生活する以上、犬の攻撃的な野生の部分は必要ありません。



しかし今、一般に広まっているおやつやオモチャを使ったしつけ方法は、

知らず知らずのうちに、犬の攻撃的な野生の本能を強めてしまっているのです。



しつけ熱心な人ほど、言うことを聞かない犬に育ててしまう

おやつやおもちゃを使ったしつけ方法は、飼い主の言うことをきけば、ご褒美をもらえるという、獲物を獲得するゲームだと犬は捉えています。



あなたの言うことに従っていると言うよりは、

おやつやオモチャを使って築いた愛犬との関係は

おやつやオモチャがほしいから、従っているフリをしている「モノ」との関係なのです。



私のしつけ方法がよそで行なわれている方法と違うところは、

つまり、あなたの愛犬が、飼い主であるあなたを信頼して従うようになる

他の訓練士もアナウンサーも、スタッフの方たちもびっくりしていました。



しつけ方法でも「待て」で待たせられる時間は長くても数分間なのです。



しかし私がやっているしつけ法ならば、

3時間でも4時間でも待たせていることができます。
posted by 犬のしつけ at 21:06 | 犬の躾け
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。